2016年02月24日

京都動物フォーラム2016 ご案内

また再度のupですが今度の3/6に開催される京都動物フォーラム2016の案内です。
いろいろお忙しい3月の日曜日ですが、入場料は無料です。ぜひ、一度、足を運んでいただけたらと思っております。
当日は実行委員長として、会場各所でバタバタしていると思いますが、もし、見かけたらぜひ、声をかけてください。よろしくお願いします。

京都中央動物病院
獣医師 村田 裕史

京都動物フォーラム2016チラシデザイン forumA2fPoster_2016印刷.jpg
posted by Dr at 15:19| Comment(0) | 日記

2016年02月18日

フルーツ

僕のブログは前回まで皮膚病の話でしたが、今回はその皮膚を作る上で重要になってくる食事のお話です。
実は食事に含まれる栄養素の約30%が皮膚を構成するのに使われています。
本来は総合栄養食と明記されたドックフードやキャットフードのみが理想ですが、ついつい人間の食べる物を与えてしまう方がいらっしゃいます。
そこで、ご存知の方が多いとは思いますが、食べさせてはいけない食べ物をおさらいしたいと思います。
今回は、「果実」編です。

ブドウ(レーズンも含む):腎不全を生じる可能性があり危険です。
プルーン:葉、種、茎に毒性物質が含まれていて 、呼吸困難やショック状態になったという報告があります。
いちじく:皮や葉、果肉にソラレンやフィシンなどの中毒性のある成分が含まれているため、口腔内の炎症や嘔吐などが生じます。
レモン・グレープフルーツなどの柑橘類:外皮に嘔吐、下痢などの中毒症状を引き起こす成分が含まれています。
ドライフルーツ:砂糖漬けなどで乾燥させたドライフルーツは糖度が高いため軟便や下痢の原因になります。

原則的に、果実を与える際は、種、茎、皮、芯を取り除いてから与えるようにしてください。
上記以外は、与えても大丈夫といううわけではありません。大丈夫な物でも与えすぎには注意してくださいね。
次回は「野菜」編を書きたいと思 います。

京都中央動物病院
文責 獣医師 山口 雅士
posted by Dr at 09:59| Comment(0) | 日記

2016年02月16日

京都動物フォーラム2016の第二部のスライド完成しました。

久しぶりの更新です。
また、京都動物フォーラム2016の関連の話題です。
第二部の京都夜間動物救急センターのスライドを作成し、先日、完成しました。
京都動物愛護センターと合わせて紹介するコーナーになっております。
マスコットの京(きょう)ちゃんand都(みやこ)ちゃんを使用して作成してみました。3/6の当日はお時間あればぜひ、会場に足を運んで頂ければと思っております。よろしくお願いいたします。

京都中央動物病院
獣医師 村田 裕史

スライド1.JPG
posted by Dr at 18:41| Comment(0) | 日記