2018年01月18日

ウサギの不正咬合

犬や猫に関する歯に関する情報はほかの先生が書かれると思いますので自分は、ウサギの歯について書きたいと思います。
永久歯は、上顎に切歯2対、臼歯6対、下顎に切歯1対、臼歯5対存在しており、生涯にわたって伸び続けます。
草を主食にしているウサギにとっては、草をすりつぶして食べるのでその時に歯が磨り減ります。
しかしながら、好ましくない咬み合わせのの状態になっている不正咬合では、上手く歯が磨り減りません。
不正咬合は遺伝性、顎関節疾患、歯周組織の感染、偏った食事内容などの要因があります。
上記のように、牧草特にチモシーが良いかと思いますが、牧草を中心に食べている場合は歯は よく磨り減りますが、ペレットでは、上下には動かしてしまい臼歯全体が使われません。
そうなると、臼歯が伸びやすくなるので注意が必要です。
不正に伸びた歯の一部が棘のように鋭くなり、舌、頬、口蓋に傷をつけてしまいます。
そうなってしまうと「食欲が無い」「食物を口から落とす」「食事のスピードが落ちる」「食べやすい柔らかいものは食べる」「よだれが増える」などです。
治療には麻酔下処置が必要になりますので、症状に心あたりがある場合は、お気軽にご相談下さい。

文責 京都中央動物病院
獣医師 山口 雅士
posted by Dr at 11:48| Comment(0) | 日記

2018年01月16日

乳歯遺残

こんにちは。
歯についてのお話が続いていますが、私は乳歯遺残についてお話しします。

乳歯遺残とは乳歯が永久歯との交換時期が過ぎても抜け落ちないで長く残存することです。
乳歯が残ったままだと、永久歯の歯並びが悪くなり、歯石がつきやすく歯肉炎・歯周炎の原因となります。
7ヶ月齢以降に乳歯が残存している場合や、7ヶ月齢より前であっても乳歯と永久歯が2週間以上共存している場合は乳歯を抜いてあげた方が良いと言われています。
去勢や避妊手術を考えられている方は手術の際に一緒に抜いてあげるのが良いかと思われます。お気軽にご相談頂けたらと思います。

文責 京都中央動物病院
獣医師 高村彩帆

posted by Dr at 11:31| Comment(0) | 日記

2018年01月12日

村田の関西盲導犬協会への診療出張

関西盲導犬協会への診療出張

1/12本日、関西盲導犬協会への診療出張があります。
協会での診察はPM2:00からなので午前中診察のギリギリでは外来の内容によっては村田での診察を他の獣医師に交代が生じる可能性があります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程をよろしくお願いします。
午後のPM5:00-8:00の診察には戻ってくる予定ですが、交通状況により多少の遅延が生じることがあるかもしれません。午後診察への村田の診療の参加の有無は、パソコンやスマートフォンでのHPの確認か、もしくは直接、お電話で問い合わせをいただければと思います。何かとご迷惑をおかけしておりますが、何卒よろしくお願いします。

京都中央動物病院
獣医師 村田 裕史
posted by Dr at 10:20| Comment(0) | 日記