2018年11月26日

大忙し

先月のことになりますが、10/14(日)は大忙しとなりました。

まず、午前中に大阪府立大学で行われました三学会(獣医学術近畿地区学会)で「ビデオオトスコープで診断と治療を実施した原発性分泌性中耳炎の1例」という症例発表をしました。
有意義なディスカッションが出来ました。
三学会1.jpg

同日午後、近畿連合獣医師会に出席し、昨年度発表した「胃拡張胃捻転症候群の再発例から考える新しい胃腹壁固定法の犬の5例」の表彰をいただきました。
三学会2.JPG

三学会3.JPG

胃拡張胃捻転.JPG

忙しい1日でしたがとても有意義な1日でありました。
今後も獣医療の発展と貢献に努めて参ります。

京都中央動物病院
院長 獣医師 村田裕史
posted by Dr at 11:39| Comment(0) | 日記

2018年11月15日

RECOVER

先月のことですが、10月13日にRECOVER (Reassesment Campaign on Veterinary Resusitation)Japanインストラクター講習会に参加しました。
Recover Japan 1.JPG

横浜の日産スタジアム内の会議室でありました。
recover japan 3.jpg

日産スタジアムといえばサッカー国際試合だったり、来年行われるラグビーワールドカップ開催会場だったりスポーツのイメージがありますが、中には会議室があるんですね。

RECOVERについてはHP(http://kyotochuoah.com/bunken.html)にもありますが、
アメリカで考案された獣医救急医療の心肺蘇生方法の新しい方法です。
以前より蘇生率の向上が得られるとされております。
recover japan 2.JPG

インストラクターコース終了の証書及びその時のメンバーサインです。recover japan 証書.jpg

興味のある方はぜひお声がけ下さい。

京都中央動物病院
院長 獣医師 村田 裕史

posted by Dr at 15:57| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

「平成30年度 犬・猫の慰霊式」

10月11日(木)に開催された「犬・猫の慰霊式」に出席しました。
「平成30年度 犬・猫の慰霊式」は京都市と京都府の合同で京都動物愛護センターにて開催されました。

動物慰霊祭@愛護センター10.11 出席.JPG

※この「平成30年度 犬・猫の慰霊式」は動物の愛護及び適正飼養の普及啓発行事のひとつです。

京都中央動物病院
院長 獣医師 村田裕史



posted by Dr at 11:43| Comment(0) | 日記